LEAD125には空いてる12ボルト端子が2つもある。

ぽんたかのYouTube登録してくれたらうれしいな
ぽんたかのYouTube登録してくれたらうれしいな

LEAD125に電気製品を取り付けたいがバッテリーに直接じゃバッテリー上りが怖い、しかし配線の事なんてさっぱりわからない。

そこで調べるとLEAD125には純正のグリップヒーター用と純正のアクセサリーソケット(充電などの電源に使える)を取り付けられる12ボルトの空いてるギボシ端子が2つもあったのです。

更に便利な事にLEAD125のスイッチを入れた時だけに電気が通るようになってるんです。どうしていいかも分からないのに買っておいたリレーというのがあったんですが使わずに済みました、もったいないけど。

今回その場所をご紹介。

純正グリップヒーター用

ヘッドライトの裏辺りにあります。

ミラー(逆ネジ)を外してカバーを外すんですが私のLEAD125の場合左のミラーの土台が出っ張りすぎで引っかかって外れないので左のミラー土台(逆ネジ14mm)も外しました。

次にヘッドライト後ろのネジを外す。左右2本づつ。

あとは自分の爪を引っかけて思いっきり引っ張ります。下のフロントパネルと少しぶつかるのでちょっとでも傷つけたくない方はフロントパネルも外した方がいいですがなかなか大変です。フロントパネルのツメも折れかねないので。

下の丸の所にカバーの小さいツメが引っかかってるんですがうまくしないと折れてしまいます。私は前回折って今回反対側も折ってしまいました_| ̄|○ 折れないコツは更に下。

ちょうどいいヘラが無かったので今回は説明のために胃腸薬の袋を挿しました。写真のように差し込んでカバーを浮かせて(3㎜位)引けば折れないと思います。

端子の場所は下の写真の丸の位置

下の写真の指で触ってる黒いビニールテープで巻いてあるのが端子です。

テープを外すとベタベタなので薄め液で拭くとベタベタしなくなりました。

アクセサリーソケット用

テールランプ周りのカウルも外した方が作業は楽でしょうが外すのは面倒なので外さないでやりましたがけっこう簡単でした。

まずは10mmと12mmのボルトを外す。

水冷キャップを外してボックスを引き抜く。水冷キャップは戻すのは大変です。

水冷タンクの右奥に端子はあります。

水冷タンクの右横からのぞくと端子が見える。

水冷タンク下に端子に続く配線がある。

下の写真の端子固定具の出っ張りを押すと簡単に固定具は外れます。

取れました。

こちらもべとべとなので薄め液でふき取りました。

両端子共に青と白の線がプラスで緑がアースです。

両方ともギボシ端子で純正のグリップヒーターとアクセサリソケット共に加工無しで付きます。

ちょっと線が短めなので線を加工すると短くなり使いにくくなりそうです。

最後まで見てくれて(≧▽≦)ありがとおお

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする