万が一に備えガソリン携行缶買った。

ぽんたかのYouTube登録してくれたらうれしいな
ぽんたかのYouTube登録してくれたらうれしいな

けっこう早めにスタンドに行くので今までガス欠で止まったことはないんですが、、ギリギリまでスタンドに行きたくない。スタンドに行く回数を減らしたほうが生涯レベルでの時間がお徳の気がするのでガス欠しても大丈夫なようにガソリン携行缶を積んでおこうと思い。万が一のガス欠のためにも買うことにしました。

そんなに小さくないのでlead125くらいの大きいシート下に入れるなら大したことないですがヘルメット1個しか入らないような小さいシート下ではけっこう邪魔になりそうです。

使い方
  1. 大元のフタを開ける。※吹き出しに注意。
  2. 中の白いホースを逆にしてしっかり固定する。
  3. 給油口のフタを開け注ぐ。
  4. 逆の手順で戻す。
注意点
  • フタを開けるときにプシューっと少しガソリンが飛び散るのでビニール製の使い捨てグローブを使ったほうがいいです。吹き出しに注意。横にしたまま開けたらガスでなく液体が飛出て来るでしょう。
  • 寝かせた状態で積んでおくと少しづつ漏れる可能性があるので立てて積んでおいたほうがいいと思います。
  • 私は万が一ガソリンが漏れた時のために、手が汚れないように買っておいた耐油グローブをフタ側にかぶせて保存してます。
  • ネットで調べたところガソリンは変質するらしいので、寒い時期なら半年くらいは大丈夫のようですが、夏場なら半年でヤバそうなので夏場は使用しないか少なくとも3か月に一回は入れ替えたほうが良さそうです。暑くて気化しやすいし爆発しそうで怖いし。
  • 携行缶から少しづつガスは漏れるようなので想像ですがスクーターのシートを開けた瞬間にシート内に溜まっていたガスに引火しないように注意したほうが良さそうです。※タバコに火つけようとする時とか?

今回買ったこちらの携行缶は500mlと少ないですが、燃費45kmは走るlead125なら400ccで20km近く走るので、このサイズで十分。燃費10kmくらいの燃費の悪いバイクでスタンドの少ない道を走るなら1Lくらい入る缶のほうが安心かもです。

これは手がかなり汚れずらいんですが、値段が高いし1L缶と大きいしアマゾンの評価がけっこう悪いのであきらめました。もうちょっと安くて評価が悪くなければ、グローブを使わずに手が汚れにくいこちらにしたんですが。

更に注意点があります

セルフスタンドで何かアナウンスが流れてるのに珍しく耳を傾けると携行缶や自走しない車両に給油するのは法律で禁じられているというではないか。

Σ(゜◇゜;) ゲッ ガソリン入れられないの?せっかく買ったのにウソでしょ?

その時はガソリン入れるのをあきらめ帰ってネットで調べると自分で入れるのはダメでスタンドの人に入れてもらうのは良いそうです。でも入れてくれない店もあるようなので入れる前に聞いたほうがいいかもです。※地域によって違うようです。


手が汚れないように使い捨てビニール手袋を使うと良いと思います。私が使ってるのはこちらの耐油性のグローブです。

こちらは耐油性ではない塩化ビニール製です。ガソリンに2時間くらい浸けっぱなしにしましたが穴は開きませんでしたがビニールがけっこう硬くなってきたので変質はするようです。

ここまで見てくれてありがとうございます。あなたにぱ(゚´Д`゚)゚間違いなく幸せが訪れます。何の根拠も無いけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする